Go to Contents Go to Navigation

米国務長官が来週訪朝か 「注視」=韓国大統領府

記事一覧 2018.06.29 11:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は29日、ポンペオ米国務長官が来週、北朝鮮を訪問するとの報道について、「朝米(米朝)の問題のため話せることはないが、韓米の緊密な連携の下で交渉を注視している」とコメントした。

6月14日、韓国と米国、日本による外相会談に出席するため、ソウルを訪れたポンペオ氏=(聯合ニュース)

 英紙フィナンシャル・タイムズは28日、ポンペオ氏が北朝鮮・平壌を訪問するため、来月6日に予定されていたインド外相との会談を取りやめたと報じた。

 ポンペオ氏が訪朝する場合、6月12日の朝米首脳会談の後、初の高官級会談となり、非核化の工程表提示など実質的な交渉が始まるかに注目が集まる。

 一方、9月にロシア極東のウラジオストクで開かれる東方経済フォーラムに文在寅(ムン・ジェイン)大統領が招待され、北朝鮮や米国、中国、日本など北朝鮮問題を巡る関連国の首脳が集まる可能性が出ていることに関しては、「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が出席するかどうかなどと関わる問題のため、(文大統領の出席を)決定できる段階ではない」と、慎重な姿勢を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。