Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮人権問題 改善への努力続ける=韓国統一部

記事一覧 2018.06.29 11:52

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李有振(イ・ユジン)副報道官は29日の定例会見で、北朝鮮メディアが韓国政府による北朝鮮人権財団の設立推進を非難したことについて、「人権問題は人類の普遍的な価値のため、北の人権問題に対する政府の立場に変わりはない」として、「同胞愛的な観点から北の人権改善を(政権の)100大の国政課題に盛り込み、北の住民の人権保護や改善のための努力を続けている」と強調した。

李有振・副報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 一方、北朝鮮が米兵士の遺骨を運ぶための箱を受け取っていないとの報道に関しては、「遺骨送還関連については確認ができていない」としながら、「朝鮮半島の完全な非核化や平和体制の構築という目標達成に向けて、米兵士の遺骨送還を含め、朝米(米朝)首脳会談で合意された事項が迅速に履行されることを期待する」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。