Go to Contents Go to Navigation

W杯韓国代表が帰国 1次リーグ敗退もドイツに金星で有終の美

記事一覧 2018.06.29 16:24

W杯韓国代表が帰国 1次リーグ敗退もドイツに金星で有終の美

メキシコの韓国大使館前に大集合

【仁川聯合ニュース】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した韓国代表が29日に帰国し、仁川国際空港で解団式を行った。

王者相手に「金星」
解団式で記念撮影する韓国代表=29日、ソウル(聯合ニュース)
文大統領もW杯応援
声援を送るサポーター

 韓国代表は今大会、2010年南アフリカ大会以来の決勝トーナメント進出を目指したが、1次リーグF組で1勝2敗(勝ち点3)の3位となり、リーグ突破はならなかった。スウェーデンとの初戦で0―1、メキシコとの第2戦で1―2と2連敗し、追い込まれながらも、最終戦で前回王者のドイツを2―0で下して有終の美を飾った。

 韓国はロシア大会出場32カ国のうち19位で大会を終えた。4年前のブラジル大会では1分け2敗で27位だった。

 韓国代表23選手のうち、主将を務めた奇誠庸(キ・ソンヨン、英スウォンジー)を除く22選手が帰国した。所属チームに復帰し、今季後半の試合に備える予定だ。奇は個人事情のためロシアから直接英国に向かった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。