Go to Contents Go to Navigation

韓国大河小説「土地」 東京で日本語版出版記念会

記事一覧 2018.07.01 14:03

【東京聯合ニュース】韓国現代文学を代表する朴景利(パク・キョンリ、1926~2008)の大河小説「土地」の日本語版出版記念会が30日、東京の韓国文化院で開かれた。

あいさつする金玲珠・土地文化財団理事長=30日、東京(聯合ニュース)

 「土地」の日本語版は2016年から翻訳出版され、現在は全20巻のうち第6巻まで刊行された。出版を手がける出版社クオン(東京都千代田区)の金承福(キム・スンボク)代表は記念式で、「次の巻はいつ出るのか」という問い合わせが来ると紹介しながら、毎年2、3巻ずつ出版し、2022年までに完訳するとの目標を改めて約束した。

 朴景利氏の娘の金玲珠(キム・ヨンジュ)土地文化財団理事長は「韓国でも出版市場が厳しいのに、日本で翻訳出版されありがたい」とあいさつ。朝鮮戦争以後の絶望的な歳月を1人で耐え抜いた母、朴景利の人生を紹介し、「そのような逆境がなければ朴景利の文学も生まれなかった」と語った。

 記念会には日本の読者約80人も参加した。参加した女性は「読みやすくて登場人物に好感を持てる。今後どのように話が展開するか期待している」と話した。

会場に展示された日本語版の「土地」=30日、東京(聯合ニュース)

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。