Go to Contents Go to Navigation

「家」を持ち歩く美術家・村上慧 韓国・釜山で特別展=あすから

記事一覧 2018.07.02 09:33

【釜山聯合ニュース】韓国・釜山市の釜山現代美術館は2日、2018年東アジア文化都市事業の一環として、3日から7月末まで日本の美術家、村上慧の特別展「家の動詞形(Migratory Life)」を開催すると伝えた。

パフォーマンスの様子(釜山現代美術館提供)=(聯合ニュース)

 金沢21世紀美術館と釜山現代美術館の作家交流により行われるこの展示で、村上氏は自作の発泡スチロール製の家を持ち歩いて一定の場所に設置し、一時的に居住する過程で起こる出来事を記録するパフォーマンスを披露する。

 今回の特別展は釜山一帯で行われ、通行人や地域住民がこれを鑑賞する方式で行われる。

 東日本大震災と福島第1原発事故に刺激を受けたという村上氏は、2014年から「移住生活」プロジェクトを発表。家を担いで徒歩で移動するという概念で、「居住」と「居住地」に関する新たな視点を提示する。

 展示の詳しい内容は、釜山現代美術館のホームページ(http://www.busan.go.kr/moca)で確認できる。 

特別展のポスター(釜山現代美術館提供)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。