Go to Contents Go to Navigation

「ナッツ姫」父の逮捕状請求 脱税や横領などの容疑=韓国検察

記事一覧 2018.07.02 14:47

【ソウル聯合ニュース】ソウル南部地検は2日、国際租税調整に関する法律違反や特定経済犯罪加重処罰法上の横領・背任・詐欺、薬事法違反などの容疑で、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長に対する逮捕状を請求した。

「ナッツ姫」の父、趙亮鎬氏=(聯合ニュース)

 趙氏はグループ創業者の父親・趙重勲(チョ・ジュンフン)氏の海外保有資産を譲り受けた際、相続申告をしていなかった容疑で、検察の捜査を受けていた。趙氏を含む兄弟が納めてない相続税は500億ウォン(約50億円)を超えるとされる。

 また、特定会社にだけ仕事を依頼するなどして会社に損害を与えたほか、違法に薬剤師を雇う方式で薬局を経営し不当な利益を得るなどの容疑ももたれている。

 検察は趙氏一家の横領・背任額が数百億ウォンに達するとみて、捜査を進めている。

 韓進グループは大韓航空を中核とする財閥。趙氏は、大韓航空機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒り滑走路に向かっていた機体を引き返させ「ナッツ姫」と呼ばれた趙顕娥(チョ・ヒョンア)大韓航空元副社長の父親。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。