Go to Contents Go to Navigation

来韓の国連報告者 韓国高官と北朝鮮の人権問題協議

記事一覧 2018.07.02 16:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の趙顕(チョ・ヒョン)外交部第2次官は2日、ソウルの外交部庁舎で北朝鮮の人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者と会談し、北朝鮮の人権改善などについて意見を交換した。外交部が伝えた。 

国連のキンタナ特別報告者(左)と会談する趙顕外交部第2次官=2日、ソウル(聯合ニュース)

 趙氏は南北が朝鮮戦争などで生き別れになった離散家族の再会など人道的措置を進めることで最近合意したことを説明し、このような関係進展による北朝鮮との交流・協力の強化が北朝鮮住民の実質的な人権向上に前向きな影響を及ぼすことを期待すると話した。またキンタナ氏が北朝鮮の人権状況改善のため行っている国際社会との協力の模索などを評価した。

 キンタナ氏は最近の朝鮮半島情勢の進展を歓迎し、このような動きが続くことを希望すると述べた。また北朝鮮人権の実質的改善のためには国連との協力をさらに拡大する必要があると強調したという。

 キンタナ氏の訪韓は2016年の就任後4回目。10月に国連総会に提出する報告書に訪韓の結果や勧告などを盛り込む。

 この日来韓したキンタナ氏は10日までの滞在期間中に、韓国政府の高官や市民団体、北朝鮮脱出住民(脱北者)などと面会し、10日午前に記者会見を開く予定だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。