Go to Contents Go to Navigation

不動産税・金融所得課税基準引き上げへ 政府委員会が勧告案=韓国  

記事一覧 2018.07.03 19:28

【世宗聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領直属の政策企画委員会傘下・財政改革特別委員会は3日、総合不動産税の段階的引き上げや金融所得の総合課税基準金額の2000万ウォン(約200万円)から1000万ウォンへの引き下げ、賃貸所得の税制優遇廃止・縮小などを骨子とする上半期財政改革勧告案を確定し、政府に提出した。

高層マンションが立ち並ぶソウル市内(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府は今回の最終勧告案を7月末に発表する税制改編案と中長期税制政策方向に反映させ、9月の通常国会での立法手続きを経て来年から施行する予定だ。

 特別委員会は「課税の公平性を高めるため、不動産資産とキャピタルゲインに対する課税を強化しようとするものだ。粒子状物質の脅威にさらされる国民の健康のため、エネルギー税制も環境に配慮して改編する」と説明した。

 特別委員会は、下半期には株式譲渡差益など資本利得課税と譲渡所得税制改編に着手する計画だ。合わせて賃貸所得税制と保有税制、環境エネルギー関連税制についての追加議論も進める。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。