Go to Contents Go to Navigation

20年にリース終了の大統領専用機 新型機の導入要請=韓国国防部

記事一覧 2018.07.05 11:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部が2020年3月にリース契約が終わる大統領専用機を新型機に切り替えてリースするよう青瓦台(大統領府)に報告したことが5日、分かった。

専用機に乗り込む文大統領夫妻(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国は大統領専用機を購入せず、大韓航空からリースして空軍が運用している。

 同部関係者によると、大統領専用機を引き続きリースする代わり、現行の旧型機種(ボーイング747―400)を新型機種(ボーイング747―8i)に切り替えるよう提言したという。

 現行の大統領専用機は朴槿恵(パク・クネ)前政権時代の2014年、大韓航空と5年契約でリースし、運用している。リース料は1421億ウォン(約140億ウォン)。

 同機種は米国の民間航空会社からは退役している機種で、大統領専用機として利用することは不適切との指摘が出ていた。

 ただ、新型機に変えると費用が上昇するため、青瓦台が国防部の意見を受け入れるかどうかは不透明だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。