Go to Contents Go to Navigation

訪韓の国連報告者 週内に集団脱北従業員と面会予定=米メディア

記事一覧 2018.07.06 10:56

【ソウル聯合ニュース】米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は6日、北朝鮮の人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者が週内に、2016年4月に中国にある北朝鮮レストランから集団で脱出して韓国入りした元従業員の女性たちに会う予定だと報じた。キンタナ氏は2日から韓国を訪問しており、4日にソウルの国連北朝鮮人権事務所でインタビューに応じた。

キンタナ特別報告者(資料写真)=(聯合ニュース)

 この集団脱北を巡っては、5月に韓国のある放送局が、韓国情報機関の国家情報院(国情院)が計画して従業員を強制的に脱出させたとの疑惑を報じ、その後、北朝鮮は機会あるごとに従業員の送還を要求してきた。

 VOAによると、キンタナ氏は従業員の送還問題に関し、「本人の意思に関心を傾けなければならない」と強調。これから、何を望んでいるかを話すのは従業員だと述べた。韓国に対しては、「2年前に何があったかに関する、信頼できる徹底した調査」が必要と指摘した。 

 また、ブローカーにだまされたとして韓国政府に北朝鮮への送還を求めている北朝鮮脱出住民(脱北者)女性のキム・リョンヒさんについて、キンタナ氏は「韓国に(キムさんが)北朝鮮に戻ることを妨げる法律的問題がある」としながら、はっきりと結論を下すのは難しい問題だと述べたという。それでも韓国政府にキムさんの送還要請を検討するよう促し、これが南北関係を引き続き円滑にする良い機会になるとの考えを示した。

 キンタナ氏は10日に訪韓結果を説明する記者会見を開き、韓国滞在を終える予定だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。