Go to Contents Go to Navigation

在韓被爆者 日本の専門医が健康相談実施

記事一覧 2018.07.09 11:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓赤十字社は、南部の慶州南道・陜川で9日から4日間、日本の専門医7人が陜川と近隣の居昌地域に居住する原爆被爆者約270人の健康相談を行うと明らかにした。

2015年に陜川で行われた健康相談の様子(大韓赤十字社提供)=(聯合ニュース)

 韓日両国政府から被爆者の福祉事業を委任された大韓赤十字社は、現在約2300人の韓国人被爆者に医療費や手当の支給などの支援を行っている。

 被爆者の健康相談事業は、2005年から年2回実施されている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。