Go to Contents Go to Navigation

南北労働者サッカー大会 8月ソウル開催=約3年ぶり

記事一覧 2018.07.10 11:51

【ソウル聯合ニュース】韓国労働組合の二大全国組織、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)は10日、8月10~12日にソウルで「南北労働者統一サッカー大会」を開催すると発表した。民間主導の南北交流行事が実現したもので、民間交流の活性化につながるか注目される。

15年10月、平壌で開かれた南北労働者サッカー大会=(聯合ニュース)

 両労総は北朝鮮の朝鮮職業総同盟(職総)とサッカー大会の開催で合意した。北朝鮮から約80人が派遣され、陸路で韓国を訪問する。南北労働者サッカー大会は2015年10月、平壌で開いて以来。当時、双方は16年にソウルでサッカー大会を開催することで合意したが、韓国政府が認めず、実現しなかった。

 両労総は「統一部やソウル市などと大会に関連した協議を推進している。11年ぶりに朝鮮職業総同盟所属の労働者が来るため、最大の誠意を尽くして準備する」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。