Go to Contents Go to Navigation

韓国で学ぶ外国人 昨年の入国数が過去最多=背景に韓流ブーム

記事一覧 2018.07.12 14:00

【世宗聯合ニュース】韓国で学ぶため2017年に入国した外国人の数が、統計開始以来、最多を記録した。K―POPなど韓流ブームが追い風とみられる。

韓国のグループ、防弾少年団(BTS)は韓国語のアルバムで米ビルボードのアルバムチャートでトップに立った(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国統計庁が12日公表した国際人口移動の統計によると、2017年に滞在期間が90日を超える外国人の入国数は延べ45万3000人で、前年比5万人増加した。出国も34万9000人と2万4000人増えた。

 入国時の在留資格をみると、「短期」が38.6%で最も多く、次いで「就業」26.7%、「留学」12.8%、「在外同胞」11.5%の順だった。

 中でも韓国語を学ぶ一般研修での入国は3万人と、学位を取得するための留学(2万8000人)を初めて上回った。留学と一般研修は計5万8000人で、統計開始後、最も多い。

 統計庁の担当課長は「教育部が戦略的な留学生誘致拡大に取り組み、留学生が増えた。特に韓流ブームに乗って韓国語を勉強しに来る一般研修生が大きく増加した」と分析した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。