Go to Contents Go to Navigation

空転続いた韓国国会 46日ぶり本会議=新議長に文喜相氏選出

記事一覧 2018.07.13 13:27

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は13日に本会議を開催し、第20代国会の後半の議長に与党「共に民主党」の文喜相(ムン・ヒサン)議員を選出した。空転が続いていた国会が本会議を開いたのは5月28日以来、46日ぶり。

国会議長に選出され、あいさつする文喜相氏=13日、ソウル(聯合ニュース)

 文氏は選出された直後のあいさつで「これまでの前半期が青瓦台(大統領府)のシーズンだったとすれば、これからは国会のシーズンになるべきだ」と述べ、議会政治の活性化に強い期待を示した。

 文氏は国会議員6期目の重鎮。法律に従い離党して無所属となり、第20代国会の任期が終わる2020年5月まで議長を務める。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。