Go to Contents Go to Navigation

軍機関の「戒厳令検討文書」 文大統領が速やかな提出指示

記事一覧 2018.07.16 11:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、市民らが朴槿恵(パク・クネ)前大統領の退陣を求めて「ろうそく集会」を行っていた当時、軍の捜査・情報機関である国軍機務司令部が作成した戒厳令を検討する文書について、大統領に即座に提出するよう指示した。青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が会見で伝えた。

文大統領(手前、資料写真)=(聯合ニュース)

 文大統領は「戒厳令の文書に対する捜査は国防部の特別捜査団が厳正に行うだろうが、これとは別に大統領は軍の統帥権者として実際に何があったのかを確認する必要がある」と述べ、「戒厳令文書」に関して国防部、機務司令部と各部隊の間でやりとりされた全ての文書と報告を大統領に速やかに提出するよう命じたという。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。