Go to Contents Go to Navigation

米兵遺骨の送還巡る実務協議開催 日程・方法など議論

記事一覧 2018.07.16 19:33

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮と米国は16日、南北軍事境界線がある板門店で、朝鮮戦争で死亡した米兵の遺骨の送還方法などを話し合う実務協議を開催した。

北朝鮮と米国は板門店で、朝鮮戦争で行方不明になった米兵の遺骨の送還方法などを話し合う佐官級の実務協議を開催した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国政府や在韓米軍の消息筋によると、両国は前日開かれた将官級会談で、すでに収容した米兵遺骨の送還や合同発掘作業の再開などについて大枠で合意しており、この日の実務協議では送還の日程や方法などについて調整したという。

 米国側は国連軍司令部の佐官級が、北側は人民軍所属の佐官級が出席したようだ。在韓米軍関係者によると、米側代表団には米国防総省の戦争捕虜・戦闘時行方不明兵集計局(DPAA)に所属する当局者が含まれているという。

 協議結果や今後行われる実務協議の開催計画などについては明らかにされていないものの、送還は朝鮮戦争の休戦協定65周年となる27日などが検討されるとみられる。

 米兵の遺骨送還は6月の朝米(米朝)首脳会談の合意事項。米軍は先月下旬に遺骨を納めるための木箱を板門店に運び、車両に載せたまま共同警備区域(JSA)の国連軍司令部に待機させているとされる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。