Go to Contents Go to Navigation

国連総会での南北米3者首脳会談 可能性排除できず=韓国外相

記事一覧 2018.07.19 09:04

【ロンドン聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は18日(現地時間)、訪問先の英国で韓国特派員と懇談し、9月の国連総会で韓国と北朝鮮、米国による首脳会談が開催される可能性について「予断は難しいが、排除はできない」と答えた。同氏は「過去には南北首脳会談の準備にも数カ月を要したが、今はその次元を超えている。文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の平壌訪問前でも首脳間で何らかの意思疎通があるかも分からない」と説明した。

英ロンドンを訪れている康長官=18日、ロンドン(聯合ニュース)

 康氏は英国との外相戦略対話と、欧州の韓国公館トップを集めた会議に出席するため、就任後初めてロンドンを訪れている。

 国連総会で朝鮮戦争の終戦が宣言される可能性に対しては、「(4月下旬の南北首脳会談で署名した)板門店宣言で年内の終戦宣言を推進すると明示した」としながら、「外交的な努力を傾ける」と述べた。ただ、その時期に関しては予断を許さない状況とした。

 トランプ米大統領が北朝鮮との非核化交渉を急いでいないと発言したことに対しては、「非核化は長い目で取り組まなければならない。完全な非核化は(韓米)共通のゆるぎない目標であり国際社会の目標として、時間がかかろうとも必ず達成すべきだ」と強調した。

 康氏は今月20日(米東部時間)に米ニューヨークでポンペオ米国務長官と会談し、北朝鮮の非核化に関し共同会見する予定だ。同氏は「非核化だけでなく幅広い議題について朝米(米朝)間の対話は続くだろう」と述べた。その上で韓米はしっかり連携しており、朝米が好循環するよう米国と緊密に協議すると説明した。

 非核化問題に関心が集中し、北朝鮮の人権問題がおろそかになっているとの指摘には、「非核化で成果を得て、その過程で北と対話が日常化すれば、他の変化をもたらし得る状況がつくられる」との見解を示した。

 一方、英国のハント外相が北朝鮮核問題にどのような立場を示したかとの問いには、「英国は国連安全保障理事会の常任理事国として、これまでと同様に積極的に支持し、必要な役割を果たすとの姿勢を示した」と答えた。この問題は米国との連携、日本と中国、ロシアとの協力も重要ながら、国際社会の支持も欠かせないと強調した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。