Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮紙の文大統領発言非難 「言うことない」=韓国政府

記事一覧 2018.07.20 11:54

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李有振(イ・ユジン)副報道官は20日の定例会見で、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の先のシンガポールでの発言を強く非難したことに対する立場を問われ、「特に言及することはない」と述べた。度重なる質問に「北の報道に対していちいち言及したり評価したりはしない」と応じ、「南北首脳が合意した板門店宣言が滞りなく履行されるよう、努力を尽くしていく」と伝えた。

李副報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

李副報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 労働新聞は同日、個人名の論評で、韓国当局が米国の顔色をうかがい、南北間の「重大問題」などが先送りにされていると批判した。

 特に、文大統領が13日のシンガポールでの講演で北朝鮮を念頭に、完全な非核化で合意した朝米(米朝)首脳が「約束を守らなければ、国際社会から厳しい審判を受ける」と述べたことを取り上げ、「無礼無道な虚言」「無駄な訓示」といら立ちをあらわにした。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。