Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮大学生にバックパックが人気 朝鮮総連機関紙

記事一覧 2018.07.23 16:36

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の大学生の間でバックパックが流行しているもようだ。北朝鮮の立場を代弁する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報が23日付の記事で報じた。

バックパックを背負う北朝鮮の大学生=(朝鮮新報=聯合ニュース)

 同紙は「大学生がバックパックで登校」と題した記事で、北朝鮮の大学生の間でバックパックが流行していることを紹介。「最近首都の大学生がバックパックで通りを往来する姿が目につく」とし、「松」のマークをつけた大学生用バックパックは平壌のカバン工場で5月から生産を開始し、平壌の大学生に供給されていると伝えた。

 金日成総合大の学生は同紙とのインタビューで「形や色が上品ですっきりしていて気に入っている」とし、「特にカバン中にスポンジを入れた携帯用コンピューターの保護ポケットがあり、コンピューターを運ぶのに便利で良い」と話した。 

 また別の大学に通う学生は「勉強するのが非常に楽になった。以前は片手で本を持ち、もう片方の手でかばんを持っていたが、バックパックを使うと行動するのが楽で勉強するのにもとても便利になった」と話した。

 同紙は平壌のかばん工場関係者の話として、同工場では13種類の大学生用バックパックを生産しており、デザインは技術者が大学生の好みを調査したものと紹介した。

 また平壌市内のすべての大学生にできるだけ早くバックパックを供給することを目標に、労働者が努力していると伝えた。

 同紙が掲載した写真で確認できる北朝鮮製のバックパックは色もデザインも単純なもののように見受けられる。

 これについて最近、韓国入りした北朝鮮脱出住民(脱北者)は「市場で売っているバックパックのなかには外国製のものや、色やデザインが派手な製品もたくさんある」としながら、大学生に安価に供給するため、色やデザインが単純であるようだと説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。