Go to Contents Go to Navigation

卓球の北朝鮮選手団が帰還 韓国オープン参加

記事一覧 2018.07.23 17:04

【ソウル聯合ニュース】卓球のワールドツアー、韓国オープンに参加していた北朝鮮選手団が23日午後、仁川国際空港から帰路に就いた。

仁川空港で笑顔を見せる北朝鮮の選手たち=23日、仁川(聯合ニュース)

 同大会は17~22日に韓国中部の大田で開催され、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルス、21歳以下男女シングルスの7種目が行われた。男女ダブルスと混合ダブルスには南北合同チームも出場した。

 15日に韓国入りした北朝鮮選手団の選手15人は韓国選手と合同で練習し、試合に臨んだ。

 北朝鮮は21歳以下男子シングルスで優勝、女子ダブルスで3位を記録。また、南北合同チームが混合ダブルスで優勝し、男子ダブルスで3位となり、北朝鮮は金メダルと銅メダルをそれぞれ2個獲得した。

 南北は11月に開催されるスウェーデン・オープンとオーストリア・オープンでも、男女ダブルスや混合ダブルスで合同チームを結成する予定だ。

21日に行われた韓国オープンの混合ダブルス決勝では韓国男子のチャン・ウジンと北朝鮮女子のチャ・ヒョシムのペアが中国を破り、優勝した=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。