Go to Contents Go to Navigation

タンザニア大統領 韓国首相に公共事業での協力要請

記事一覧 2018.07.24 11:32

【ダルエスサラーム(タンザニア)聯合ニュース】タンザニアを公式訪問している韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は23日(現地時間)、同国のマグフリ大統領と会談した後、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が開催した「韓国・タンザニアビジネスフォーラム」で両国の企業関係者に会談の主な内容を説明した。

李洛淵首相(左)と握手を交わすタンザニアのマグフリ大統領=23日、ダルエスサラーム(聯合ニュース)

 李首相は「マグフリ大統領は多くの野心的なプロジェクトに韓国企業が参加するよう要請した」と述べた上で、ビクトリア湖での船舶建造、修理事業に韓国企業が参加する契約を数日中、遅くとも数週間中に締結する予定だと伝えた。

 このほか、同大統領はタンザニア国民の75%がモバイルサービスを利用し、国内総生産(GDP)の47%がモバイルで取引されるなどスマートフォンが通信手段だけでなく金融決済手段として定着したことに言及し、「韓国企業の発展したITとタンザニアのモバイル事業環境が結合すれば、非常に大きな効果が出せる」と期待を示したという。

 この日のビジネスフォーラムには現代商船、現代建設、LS電線などの大企業のほか、金融とITを融合させたフィンテック関連企業など中小企業を含む韓国企業約10社から50人余りが参加。タンザニアからは約160社の約200人のほか首相らが出席した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。