Go to Contents Go to Navigation

SKハイニックス 営業益・売上高が過去最高更新=4~6月期

記事一覧 2018.07.26 10:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の半導体大手SKハイニックスが26日発表した4~6月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比82.7%増の5兆5739億ウォン(約5517億円)、売上高は55.0%増の10兆3705億ウォンだった。

SKハイニックスの工場(同社提供)=(聯合ニュース)

 これまでの最高だった昨年10~12月期の営業利益4兆4658億ウォン、売上高9兆276億ウォンを大きく上回り、初めて四半期ベースで営業利益5兆ウォン、売上高10兆ウォンを突破した。当期純利益も75.4%増の4兆3285億ウォンで過去最高を更新した。

 好業績が続いているのはサーバー用製品を中心にメモリー市場の供給量増加が限定的な上、スマートフォンのスペック向上などにより新規需要が創出されメモリー価格が堅調に推移しているため。

 こうした状況は当面続く見通しで、7~9月期、10~12月期も営業利益5兆ウォン、売上高10兆ウォンを超えると専門家は予想している。今年の年間の営業利益は20兆ウォン、売上高は40兆ウォンをそれぞれ超えると期待される。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。