Go to Contents Go to Navigation

韓国の黄アルムが9季ぶり優勝 日本女子ゴルフ

記事一覧 2018.07.29 16:33

【ソウル聯合ニュース】日本女子プロゴルフツアーの大東建託・いい部屋ネットレディースは29日、山梨・鳴沢GC(6685ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位で出た黄アルム(韓国)が通算14アンダーで並んだイ・ミニョン(同)とのプレーオフを制し、9季ぶりのツアー2勝目を挙げた。賞金は2160万円。

インタビューを受ける黄アルム(日本女子プロゴルフツアーのインスタグラムから)=(聯合ニュース)

 黄ファンアルムはプレーオフ1ホール目でバーディーを奪い、パーにとどまったイ・ミニョンを退けた。

 韓国勢は日本ツアーの21大会うち、7大会で優勝している。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。