Go to Contents Go to Navigation

人権委が集団脱北を調査 韓国当局「立場に変わりなし」

記事一覧 2018.07.30 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李有振(イ・ユジン)副報道官は30日の記者会見で、2016年に北朝鮮レストランの従業員が集団脱出して韓国入りした問題を韓国国家人権委員会が職権で調査することに関し、統一部の立場を問われ、「従来の立場通りで、変わりない」と答えた。

統一部の李副報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 人権委員会は前日、中国の北朝鮮レストランから集団で脱出した男性支配人1人と女性従業員12人の韓国入りに韓国の情報機関が介入したとの疑惑を巡り、職権で調査すると発表した。

 李氏は「この件に対し、特別に言及したり評したりする事項はない」とする一方で、「統一部はこれまでも人権委員会側の要請に従って協力してきた」と述べた。

 統一部は、情報機関の介入疑惑が取り沙汰されるようになってからも、従業員が自由意思で入国したとの見解を崩していない。

 一方、北朝鮮・開城工業団地に進出した韓国企業関係者の訪朝申請を保留していることに関し、李氏は「関係機関間の協議に基づき諸条件が整うまでは承認を留保するという立場」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。