Go to Contents Go to Navigation

ソウル漫画アニメフェス 8月23日から=映画祭開幕作に「キミスイ」

記事一覧 2018.07.31 15:51

【ソウル聯合ニュース】第22回ソウル国際漫画アニメーションフェスティバル(SICAF)が、8月23~26日にソウルの東大門デザインプラザとシネマコンプレックス(複合映画館)・メガボックス東大門で開催される。SICAF組織委員会が31日、記者会見で開催の詳細を伝えた。

SICAFのポスター(組織委員会提供)=(聯合ニュース)

 組織委によると、SICAFは1995年に漫画とアニメの関係者が中心となって初開催し、今ではアジア最大規模の漫画・アニメフェスに成長した。

 今年は「ライフ(命)」をテーマに、主に東大門デザインプラザのアルリム1館(アートホール1)で漫画・アニメの展示を、メガボックス東大門で映画祭を行う。

 映画祭のオープニング作品は日本のアニメ映画「君の膵臓をたべたい」(キミスイ)。余命いくばくもない女子高生とクラスメートの少年の青春ラブストーリーで、組織委関係者は「テーマの『ライフ』に最もマッチした作品」と選定理由を説明した。

 コンペティション部門には103カ国・地域から2703作品が出品され、このうち27カ国・地域の72作品が審査を通って本選に進出した。2500作品余りだった昨年に比べ出品作が増えており、SICAFが成長していることの証でもあると組織委は評価している。

 展示では、昨年のSICAFでコミックアワードを受賞した漫画家・申一淑(シン・イルスク)氏の単独展や、韓国最初の劇場用アニメ「洪吉童(ホン・ギルドン)」を監督した漫画家の故申東憲(シン・ドンホン)氏の特別展などが行われる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。