Go to Contents Go to Navigation

[韓流]「神と共に」続編も絶好調 公開初日に124万人動員

記事一覧 2018.08.02 09:37

【ソウル聯合ニュース】韓国映画振興委員会の統計によると、韓国映画「神と共に―因と縁」(原題)が1日の公開初日に観客124万6982人を動員し、公開初日の最多観客動員数を更新した。

「神と共に―因と縁」のポスター=(聯合ニュース)

 これまでの最高は6月公開のハリウッド映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が記録した118万2374人だった。

 興行ランキング1位となり、興行収入も初日だけで96億8543万ウォン(約9億6000万円)を記録した。

 同作は、韓国で昨年12月に公開された「神と共に―罪と罰」(原題)の続編。「罪と罰」は観客動員数が累計1441万人の大ヒットとなった。「因と縁」も前作に続く1000万人突破に期待が集まっている。

 漫画家チュ・ホミンの同名の人気ウェブ漫画が原作の同シリーズは、死者が四十九日までに冥土で7回の審判を受ける過程を描いたファンタジー映画。「因と縁」では冥土の使者3人の過去の因縁が解き明かされる。出演はハ・ジョンウ、チュ・ジフンら。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。