Go to Contents Go to Navigation

春川国際レジャー大会が24日開幕 K―POP公演も=韓国

記事一覧 2018.08.03 12:30

【春川聯合ニュース】レジャースポーツの祭典「2018春川国際レジャー大会」が24~27日、韓国北東部の江原道春川市で開催される。

「K―POPメガコンサート」のポスター(大会組織委員会提供)=(聯合ニュース)

 大会開幕を記念し、25日午後7時からは「K―POPメガコンサート」が開かれる。

 江原道と春川市が主催するコンサートは、韓国観光公社のK―POPコンサート公募事業で選ばれた。

 春川国際レジャー大会の会場、松岩スポーツタウン主競技場内の特設ステージで行われるコンサートには、SHINee(シャイニー)、NU’EST W(ニューイースト・ダブル)、B.A.P、キム・ヨンジャなどトップアイドルや有名歌手11組が出演する。

 大会組織委員会によると、これまでに海外からの観光客約2500人以上が予約したほか、問い合わせが相次いでいる。

 この日の事前公演では、大会開幕を記念してダンスステージや花火ショー、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)パーティーが行われる。

 コンサートは入場無料で、座席交換券を入場券と引き換えれば入場できる。座席交換券は各地域の住民センター、春川市庁、大会組織委員会で10日から配布し、会場のチケットブースは25日午前10時にオープンする。

 開会式当日は午前9時から午後11時まで周辺地域の交通規制が行われ、会場までのシャトルバスが運行される。

過去の大会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 今年の大会は、水上スキー・ウェイクボード、スポーツクライミング、アイスホッケー、カヌー、ダーツなど14種目で行われ、30カ国・地域から6500人の選手が参加する。

 このほか、大会と連携して「IDO(インターナショナル・ダンス・オーガニゼーション)総会」と「ワールドダンスカップ」がアジア初開催される。

 総会は17日から22日まで春川市内のホテルで行われ、30カ国・地域の加盟国代表や国際審判など約100人が出席する。ワールドダンスカップは23日から26日まで、春川湖畔体育館でバレエ、モダンダンス、ジャズダンス、フォークダンスなど9分野、19種目で開催される。

 25日午後1時半からは各国・地域の参加者によるパレードが行われ、大会の熱気を盛り上げる。

過去の大会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、大会では多彩な体験イベントも行われる。小商工人協同組合など29の団体が市民体験プログラムに参加し、茶道や韓服(韓国伝統衣装)体験、人形作りなどの体験イベントを提供する。

 大会期間中、常設ステージではラジオの公開放送やバンドフェスティバル、映画祭などが開かれる。

 また、音楽と水鉄砲祭りが融合したDJウオーターパーティー、歌謡祭、EDMパーティー、市民による自由公演も行われる。

 付帯行事として水上レジャースポーツ体験やドッグスポーツも運営され、レジャーの産業化のために江原大の事業団主管の産業展も開かれる。

 15のレジャー関連企業による展示や体験イベントも行われる予定だ。

過去の大会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 閉幕日の27日午後には江原大でフォーラムが開かれ、江原地域のスマートレジャースポーツ産業育成のための発展方向と理論的基盤構築について議論する。

 春川市の金万起(キム・マンギ)副市長は「レジャーを楽しむのに最適の環境を備えた春川をPRし、裾野を広げるために開く大会。今年はさらに大規模に準備している」とし、「大会を開催した経験を基にフォーラムで発展策を議論し、今後の方向を模索する意味のある行事にしたい」と述べた。

 今年で7回目を迎える春川国際レジャー大会とIDO総会、ワールドダンスカップの詳細は、大会ホームページ(www.c-leisure.org)で確認できる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。