Go to Contents Go to Navigation

韓国与野党の院内代表 9月初旬訪日を検討

記事一覧 2018.08.05 16:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の与野党の院内代表が9月初旬に日本を訪問する方向で検討している。与党「共に民主党」の関係者が5日、明らかにした。

与野党5党の院内代表は7月に訪米した。写真はロス米商務長官(左から3人目)と記念撮影したときの様子=(聯合ニュース)

 同関係者は聯合ニュースの取材に対し「外交と安全保障の面で重要な時期であるため、与野党の院内代表が9月初めに日本を訪問し、与野党議員や政府関係者と会うことを検討している」と明らかにした。

 共に民主党、野党の自由韓国党、正しい未来党、民主平和党、正義党の院内代表は先月訪米し、北朝鮮問題や通商問題について米国側に意見を伝えた。

 正義党の院内代表だった魯会燦(ノ・フェチャン)氏の死去に伴い、同党と平和民主党が結成した共同交渉団体(20議席以上)は議席が19に減り資格を失ったため、この2党を除く3党の院内代表が訪日するとみられる。

 3党の院内代表は年内に中国、ロシアも訪問する計画だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。