Go to Contents Go to Navigation

韓国LCCのエアソウル 高松線と米子線を増便=10月末から

記事一覧 2018.08.06 15:50

【ソウル聯合ニュース】韓国航空大手のアシアナ航空が設立した格安航空会社(LCC)「エアソウル」は6日、10月28日から仁川―高松線を週5往復から7往復に、仁川―米子線を週5往復から6往復に増便すると発表した。

エアソウルの旅客機(同社提供)=(聯合ニュース)

 今回の増便により、高松線は開設から26年で初めて1日1往復運航されることになる。

 仁川―高松線はアシアナ航空が1992年から運航し、2016年から新たに発足したエアソウルが同線を受け継いで運航を開始した。

 エアソウル就航以降、高松線の年平均旅客数は3万5000人から6万6000人に増加。米子線もエアソウル就航後、旅客数が3万5000人から5万2000人に増加した。

 同社の関係者は「両路線は旅客数が増加を続け、旅行客の反応が良いため需要拡大の可能性が十分だと判断して増便を決定した」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。