Go to Contents Go to Navigation

韓国・蔚州郡トップが友好都市の対馬訪問 厳原港まつりなど視察

記事一覧 2018.08.07 11:12

【蔚山聯合ニュース】韓国・蔚山市の蔚州郡は7日、李先鎬(イ・ソンホ)郡守(郡の首長)が郡議会議長らを伴い、4日から6日まで友好都市の長崎県対馬市を訪問したと発表した。朝鮮王朝が日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列再現パレードをメインとする厳原港まつり(4~5日)に合わせ、対馬市が李郡守の一行を招待した。

対馬市役所で比田勝尚喜市長らと記念撮影する李郡守の一行(蔚州郡提供)=(聯合ニュース)

 李郡守をはじめとする訪問団8人はまつりの様子や対馬の観光資源を視察したほか、市内の寺にある朝鮮通信使・李芸(イ・イェ)の功績碑を訪れた。李芸(1373~1445)は朝鮮王朝初期に通信使として40回余り日本へ派遣された対日外交官で、日本に連れ去られた朝鮮人667人を帰還させた。

 李郡守は「われわれの先祖が朝鮮通信使を通じて協力的な外交を行ってきたように、文化や観光、経済、産業などさまざまな分野で(日本側と)共に発展できるよう期待している」と話した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。