Go to Contents Go to Navigation

韓国・忠清南道産のキク 日本への輸出急増=お盆控え

記事一覧 2018.08.08 13:47

【洪城聯合ニュース】韓国中部の忠清南道で栽培されたキクの日本への輸出量が、お盆休みを前に急増したことが8日、分かった。

日本に輸出される忠清南道産のキク(忠清南道農業技術院提供)=(聯合ニュース)

 忠清南道農業技術院によると、先月27日から今月5日までに日本に輸出された同道産のキクは40万本で、前年同期(25万本)に比ベ60.0%増加した。

 技術院の関係者は「礼山、扶余、唐津、泰安の約30の農家が12年間の輸出の経験に基づき、キクの品種とブランドの価値を高め、このような成果を上げた」と話している。

 忠清南道では192の農家が年間3490万本のキクを生産する。輸出量は2006年の3万本から09年は35万本、12年は80万本、昨年は120万本と増加している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。