Go to Contents Go to Navigation

南北 13日に板門店で閣僚級会談=首脳会談に向け協議

記事一覧 2018.08.09 16:38

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は9日、南北閣僚級会談を13日に軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開催する予定だと発表した。

板門店にある「統一閣」=(聯合ニュース)

 北朝鮮が9日午前の通知文で、13日に閣僚級会談を開き、4月の南北首脳会談で合意した板門店宣言の履行状況を点検し、南北首脳会談の準備に関する問題を協議することを提案。韓国政府はこれに同意する通知文を北朝鮮に送った。

 韓国は趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官を首席代表とする代表団を構成する予定だ。

 統一部は、閣僚級会談で「板門店宣言の履行促進に向けた方策と、南北首脳会談を成功裏に開催するため必要な事項を詳細に協議する」と伝えた。

 南北閣僚級会談は今年に入り4回目。6月1日に開いて以来となる。

 板門店宣言には、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今秋に北朝鮮・平壌を訪問すると明記されており、今回の閣僚級会談で南北首脳会談の日程調整が進むかどうかが注目される。

 一部ではこう着状態にある朝米(米朝)間の非核化交渉に向けた突破口を模索するため、南北首脳会談の時期が早ければ今月末に前倒しされる可能性も提起されている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。