Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自が次世代音響技術を開発 座席ごとに違う音楽堪能

記事一覧 2018.08.12 16:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代・起亜自動車が、車の中で座席ごとに異なる音楽を聞くことができる技術を世界に先駆けて開発した。

現代・起亜自動車が開発した「独立音場制御システム」のイメージ(同社提供)=(聯合ニュース)

 現代・起亜自動車は12日、次世代の音響技術「独立音場制御システム(SSZ、Separated Sound Zone)」の技術説明資料を自社メディアチャンネルのHMGジャーナルと動画投稿サイト「ユーチューブ」で初公開した。

 同システムは運転席、助手席、後部座席の各座席ごとに音場を形成、または制御する技術。内蔵された複数のスピーカーが同時に異なる音を出すときの波長を互いに減衰させたり増幅させたりする原理を利用し、座席別に音が再生されるようにする。

 それぞれの座席で異なる音楽を流しても音が重なって聞こえる干渉現象が生じないため、まるで防音施設を備えたかのような効果がある。

 同システムを採用した車両はヘッドホンやイヤホンがなくても座席ごとに異なる音楽やラジオを聞くことができ、音楽を聴きながら会話も可能だ。カーナビゲーションの音声や車の警告音が運転席だけに聞こえるようにすることもできる。

 また、この技術を活用すれば、通話中の会話の内容がほかの座席に聞こえないようにすることもできるためプライバシーの保護にも役立つ。

 同システムに関する研究は2014年に始まり、最近、車両に対するテストを完了した。早ければ1~2年以内に量産車に適用する計画だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。