Go to Contents Go to Navigation

毎年20万人が独島を訪問 名誉住民は4万人超=韓国

記事一覧 2018.08.14 07:30

【鬱陵聯合ニュース】韓国で独島を訪れた人の数が今年だけで約6000人増えたことが14日、独島管理事務所の集計で分かった。

独島(資料写真)=(聯合ニュース)

 同事務所によると今年1月から今月10日までに独島に上陸するか、または船で独島の周辺を回った人の数は15万839人で、前年同期比6735人増えた。

 独島を訪れた人の数は2012年20万5778人、13年25万5838人、14年13万9892人、15年17万8785人、16年20万6630人、17年20万6111人。南西部の全羅南道・珍島沖で旅客船セウォル号沈没事故が発生した2014年と、中東呼吸器症候群(MERS)が流行した15年を除き、毎年20万人以上が独島を訪れている。

 同事務所は今年も20万人を超えるとみている。

 独島を訪問した人のうち、申請者を対象に独島管理事務所が2010年11月から発行している独島名誉住民証の発行件数も4万を超え、独島への国民の関心は高まり続けている。

 名誉住民証の発行を受けた人は10年44人、11年1825人、12年4614人、13年7196人、14年3453人、15年5515人、16年6223人、17年7623人で、今年は今月10日までに3705人が名誉住民になった。

 独島名誉住民証の発行を受けた人の数は合計4万198人で、このうち外国人は1445人となっている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。