Go to Contents Go to Navigation

DRAM世界シェア 韓国2社が74%

記事一覧 2018.08.14 10:34

【ソウル聯合ニュース】データの一時保存に使われる半導体メモリー、DRAMの世界売上高が4~6月期に過去最高を更新し、うち7割以上をサムスン電子とSKハイニックスの韓国2社が占めた。

サムスン電子とSKハイニックスが世界市場をリードしている(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 半導体関連情報サイトのDRAMエクスチェンジが14日までにまとめた報告書によると、DRAMの4~6月期の世界売上高は256億9100万ドル(約2兆8500億円)で、前期比11.3%増加し過去最高となった。供給が需要に追いつかず、大部分の品目の契約価格が上がった。

 サムスン電子の売上高は前期比8.2%増の112億700万ドル、SKハイニックスは19.5%増の76億8500万ドルと集計された。シェアはサムスン電子43.6%、SKハイニックス29.9%の計73.5%で、前期から0.7ポイント拡大した。

 報告書は、7~9月期もDRAM契約価格が小幅上昇すると見込んだ。だが10~12月期には主要メーカーの新規設備が稼働したり需要が限られたりし、上昇率が鈍る見通しだ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。