Go to Contents Go to Navigation

韓米外相 北朝鮮非核化へ圧力継続を協議=米国務省

記事一覧 2018.08.15 09:22

【ワシントン聯合ニュース】米国務省は14日(現地時間)、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官とポンペオ米国務長官が電話会談し、北朝鮮が非核化に取り組み、「最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)」が実現するまで、圧力をかけ続ける必要性について話し合ったと発表した。

康長官(右)とポンペオ長官は4日にシンガポールで会談している(資料写真)=(聯合ニュース)

 両長官は緊密な協力と意思疎通を維持すると約束し、韓米同盟の持続的な力を確認したという。

 電話会談は14日午前(日本時間)に行われた。韓国外交部によると、康氏は前日開かれた南北閣僚級会談の結果をポンペオ氏に説明した。両氏は北朝鮮・開城工業団地内への南北共同連絡事務所開設など最近の南北関係の動きと、朝鮮半島情勢についても意見を交わした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。