Go to Contents Go to Navigation

南北関係の改善 「制裁圧力と両立し得ない」=北朝鮮機関紙

記事一覧 2018.08.16 10:44

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は16日、「制裁圧力と(南北)関係の改善は両立し得ない」との立場を改めて示した。北朝鮮は連日さまざまなメディアを動員し、韓国が北朝鮮制裁に同調することに不満をぶつけている。前日に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は南北間の平和定着や経済協力に言及する演説を行ったばかりで、北朝鮮の反応が一層注目される。

文大統領(右)と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)はこれまで2回会談している(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 労働新聞は16日付の情勢解説で、「『制裁圧力』の看板を掲げ北南(南北)協力と交流を妨げようと陰に陽に策動する外部勢力に協力、追従していては、北南関係をわが民族の利益に合うよう前進させることができず、(南北首脳が4月下旬に署名した)板門店宣言の履行を推し進められない」と主張した。

 米国は北朝鮮への徹底した制裁履行を求め、韓国当局をはじめ企業や民間団体にも南北協力と交流に乗り出せないよう圧力をかけていると非難し、「これはわが民族内部の問題と北南関係問題に対する不当な干渉で、民族の和解と団結、北と南の対話と協力に妨げとなっている」と指摘。その上で、「民族同士が協力する民族自主の立場こそが、板門店宣言履行に向けた根本的な立場であり、真の北南関係改善の立場」と述べた。

 一方、文大統領は15日の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)73周年の記念式典で、「南北間により深い信頼関係を築く」ことで「朝米(米朝)間の非核化対話を促進する主導的な努力もあわせてしていく」と述べた。また、「完全な非核化とともに朝鮮半島に平和が定着して初めて、本格的な経済協力が成し遂げられる」とした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。