Go to Contents Go to Navigation

南北連絡事務所の電力 韓国から供給の方針

記事一覧 2018.08.16 12:10

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は16日、北朝鮮・開城工業団地内に開設される南北共同連絡事務所について、開所後も電力を韓国から供給する現在の方法になるのかと記者団から問われ、「そうした方向となっている」と答えた。事務所として使う施設は改修をほぼ終え、14日に韓国側から電力が供給された。

韓国側は6月、連絡事務所として使う施設の状態を点検した(統一部提供)=(聯合ニュース)

 この当局者は事務所の開所時期に関しては、「8月中の開所を目標に協議している。今週ではない」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。