Go to Contents Go to Navigation

コリアハウスに「動く博物館」 文化財や伝統衣装展示=アジア大会

記事一覧 2018.08.17 16:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の国立民俗博物館は17日、インドネシアで18日に開幕するジャカルタ・アジア大会の期間中、ジャカルタのコリアハウス(広報拠点)に「韓国文化の箱」を展示すると発表した。

サランバンの箱(国立民俗博物館提供)=(聯合ニュース)

 「韓国文化の箱」はさまざまな展示物を箱型の展示設備に詰めた一種の「動く博物館」で、民俗博物館が行った民俗学、生活史研究を基に製作された。実物資料88件、153点で構成され、サランバン(座敷)、アンバン(奥の間)、韓服(韓国伝統衣装)、アンニョン(安寧)という四つのテーマに分かれている。

 サランバンの箱は冊架図と呼ばれる民俗絵画や文房四宝(紙・筆・墨・硯)などを展示し、朝鮮王朝時代のソンビ(学識のある人の呼称)の生活に対する理解を深めてもらい、アンバンの箱には女性の裁縫道具や刺繍作品を展示する。

 韓服の箱には多彩な韓服をそろえ、試着もできるようにした。アンニョンの箱では韓国の歴史や地理を紹介する。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。