Go to Contents Go to Navigation

「犬肉食禁止を」 動物愛護団体が大統領府に署名提出=韓国

記事一覧 2018.08.17 17:08

【ソウル聯合ニュース】国際動物愛護団体「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(HSI)」と韓国の動物愛護団体「動物権行動KARA」は17日、韓国青瓦台(大統領府)に犬肉食禁止を求める世界の市民約88万人の署名を提出したと明らかにした。

犬肉食の禁止を呼びかける動物愛護団体の会員ら(KARA提供)=17日、ソウル(聯合ニュース)

 HSIとKARAはこの日、ソウル・青瓦台前の広場で記者会見を開き「韓国政府は全ての犬に同等な法的保護を提供し、食肉解体を禁止してほしいという世界の市民の普遍妥当な要求を受け入れるべきだ」と主張した。

 両団体は、昨年から韓国をはじめ米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地で署名活動を行ってきた。

 署名を青瓦台に提出した後、「極めて普遍妥当な動物保護の原則が韓国だけで適用されていないことに、世界の市民が不当さを感じている」と強調した。

 また「時代錯誤な犬肉食が存続してきたのは、韓国政府が動物福祉の進展をおろそかにしてきたためだ」とし、「政府は動物虐待である飼育や無分別な殺害行為を『伝統』と『文化』として美化し、容認することを中止しなければならない」と指摘し、犬肉食の禁止を訴えた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。