Go to Contents Go to Navigation

離散家族再会行事 参加者の出入国審査簡素化へ=韓国

記事一覧 2018.08.17 17:11

【ソウル聯合ニュース】韓国の法務部は17日、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会行事(8月20~26日)に参加する高齢者に配慮し、家族が代わりに出入国審査を受けられるようにするなど、審査を簡素化する方針を明らかにした。

南北出入事務所で出入国審査を点検する金オ洙(キム・オス)法務部次官(同部提供)=17日、高城(聯合ニュース)

 再会行事の参加者は北東部の高城にある東海線南北出入事務所を通って訪朝する。出入国審査は同事務所で行われる。

 同事務所は行事期間中、救急患者が発生して韓国側に戻る場合などに備え、24時間体制で対応する方針だ。

 北朝鮮南東部・金剛山で20~22日に開かれる1回目の行事には韓国側参加者89人が北朝鮮側の家族と、24~26日の2回目行事には北朝鮮側83人が韓国側家族と再会する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。