Go to Contents Go to Navigation

韓国エースのSNS上でファン同士「乱闘」 サッカーまさかの黒星で

記事一覧 2018.08.19 15:56

【ジャカルタ聯合ニュース】ジャカルタ・アジア大会のサッカー男子で、韓国は17日のグループリーグ第2戦で格下と思われたマレーシアに1―2で敗れた。オーバーエージ枠のエース孫興民(ソン・フンミン、英トットナム)を出場させての黒星は衝撃だった。試合後、その孫の交流サイト(SNS)で両国のファンが互いにののりし合う事態まで起こっただけに後味の悪い一戦となった。

マレーシア戦に敗れ肩を落とす孫興民=17日、バンドン(聯合ニュース)

 マレーシアのファンが孫をばかにするような書き込みをしたのが、ことの発端される。あるファンは「マレーシアに負けるためにインドネシアまで来た」と書き込んだ。これに激怒した韓国ファンがマレーシアのファンを攻撃。孫のインスタグラムは両国ファンの罵倒合戦のような状態になり、書き込みの数は19日現在、5000を超えている。

 試合後、スポーツ選手のSNSにファンが心ない書き込みをするのは珍しくない。アレーシアに敗れた直後、韓国のフォワードとゴールキーパーの2選手はSNSのアカウントを非公開にした。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。