Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 アジア大会開会式での南北合同入場を報道

記事一覧 2018.08.20 10:31

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の内部向けメディアは20日、インドネシア・ジャカルタで18日に開かれた第18回アジア競技大会の開会式で韓国と北朝鮮が合同入場したことを報じた。

18日にジャカルタのブンカルノ競技場で行われた開会式で手を振りながら入場行進する南北の選手団=(聯合ニュース)

 朝鮮労働党機関紙、労働新聞は、開会式に李龍男(リ・リョンナム)副首相が団長を務める高官級代表団と北朝鮮オリンピック委員会代表団が出席したとしながら、「統一旗(朝鮮半島旗)を掲げて北と南の選手たちが共に入場すると、観衆が熱烈な拍手を送りながら歓迎した」と伝えた。ラジオの朝鮮中央放送も同じ内容を報じた。

 開会式では、白のジャケットと青のスラックスを着用した南北各100人の選手が15番目に入場した。国際総合大会での南北合同入場は11回目。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。