Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 北朝鮮体育相と並んで南北バスケ観戦=アジア大会

記事一覧 2018.08.20 17:12

【ジャカルタ聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は20日、北朝鮮の金日国(キム・イルグク)体育相と共にインドネシアで開催中のジャカルタ・アジア大会のバスケットボール女子南北合同チームの試合を観戦した。

試合を観戦する李洛淵首相(左から3人目)と金日国体育相(同2人目)=20日、ジャカルタ(聯合ニュース)

 李首相はこの日、試合会場で金体育相と握手した後、都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官、安光日(アン・グァンイル)駐インドネシア北朝鮮大使らと並んで座り、1次リーグX組のインドと南北合同チームの試合を応援した。

 李首相と金体育相は試合中、ボールを目で追いながら話を交わし、合同チームがゴールを決めると同時に拍手した。

 南北合同チームはインドに104―54で大勝した。

 李首相は試合終了後、「ひとつひとつの経験は小さいかもしれないが、これが積み重なれば大きな流れになることができる」と述べた。金体育相とどのような対話を交わしたのかとの質問には「スポーツの話だけした」と答えた。

 李首相はこの日、合同チームの試合前に韓国文化・飲食などの広報拠点「コリアハウス」を訪問した。館内には、アジア大会で初めて韓国選手の全ての試合を録画・分析する「競技分析室」が設けられた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。