Go to Contents Go to Navigation

南北連絡事務所「今月中に開所の計画」 米と協議継続=韓国政府

記事一覧 2018.08.21 16:54

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は21日、対北朝鮮制裁の例外認定を得られるかどうかが注目されている北朝鮮・開城工業団地内の南北共同連絡事務所について、記者団に「今月中に開所する計画と聞いている」と伝えた。また、同連絡事務所を巡る韓米間の協議は継続されるとしながら、「(連絡事務所は北朝鮮に対する)制裁の目的を損なうことは全くないというのが韓国政府の立場だ」と述べた。

外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国政府は連絡事務所の運営について、米国の独自制裁と国連制裁の適用の例外とするよう米国に要請しているが、まだ結論が出ていないとされる。

 韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官も同日の定例会見で、「連絡事務所に対するさまざまな支援は韓国政府代表の活動や便宜のための目的でのみ限定的に行われ、北に経済的な利益を与えるわけではないため、制裁の目的を損なわないと判断している」と説明した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。