Go to Contents Go to Navigation

北の建国70年軍事パレード 2月より規模大きい可能性=米サイト

記事一覧 2018.08.22 09:58

【ワシントン聯合ニュース】米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は21日(現地時間)、北朝鮮が9月9日の建国70周年記念日に向け準備を進める閲兵式(軍事パレード)について、準備期間や練習のペースを考慮すると今年2月の朝鮮人民軍創建日(建軍節)に合わせた軍事パレードより規模が大きくなる見込みだと報じた。

平壌の美林飛行場(資料写真)=(聯合ニュース)

 38ノースは軍事パレードの準備が進む平壌の美林飛行場一帯を12日に撮影した衛星写真を分析。弾道ミサイルや無人航空機の発射装置、戦車など軍事パレードに動員される兵器を隠すための設備(シェルター)の数が、2月の軍事パレードの準備のときより多いと説明した。戦車や大砲と推定される約10の装備も確認されたとした。

 38ノースはただ、弾道ミサイルの姿はまだ捉えられていないとしている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。