Go to Contents Go to Navigation

サムスンのモバイル決済 3年で24カ国・地域にサービス拡大

記事一覧 2018.08.22 14:05

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は22日、モバイル決済サービス「サムスンペイ」の提供を南アフリカ共和国で21日から開始したと明らかにした。これにより、サムスンペイのサービス地域は世界6大陸の24カ国・地域に拡大した。

サムスンペイは3年間で24カ国・地域にサービスが拡大した(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)

 同社はサービス開始から3年間に24カ国・地域で約2000の銀行や金融パートナーと協約を結び、決済件数は13億件を突破したと説明した。

 4月現在の加入者数は韓国だけで1000万人を超え、決済金額は累計18兆ウォン(約1兆7700億円)に上る。

 また米国のペイパル、チェースペイ、韓国のペイコ、中国のアリペイ、ウィーチャットペイなど現地の決済サービスとの協業により、人気のモバイル決済サービスをサムスンペイで便利に使用できるようにした。

 同社のITモバイル(IM)部門トップの高東真(コ・ドンジン)社長は「サムスンペイは(ポイント還元サービスの)サムスンリワードポイントでさらに多くの特典を提供し、(音声を使った人工知能アシスタント)『ビックスビー』と連携するなど、各地域の消費者が求める決済プラットフォームとして引き続き発展していく」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。