Go to Contents Go to Navigation

南北連絡事務所設置 「非核化の障害にならず」=韓国大統領府

記事一覧 2018.08.22 14:33

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は22日の定例会見で、対北朝鮮制裁違反との指摘が出ている南北共同連絡事務所の設置問題は「小さな問題」だとし、「大きな流れが形成されており、その流れに大きな障害になるとは思わない」と述べ、事務所開設は制裁違反ではないとの従来の立場を重ねて表明した。

金報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は21日の国会外交統一委員会で、連絡事務所の設置に関連し、米国側が満足できる反応を示していないと答弁。事務所の開設に向け、引き続き米側と協議していく姿勢を示していた。

 金報道官は「すでに平壌に英国やドイツを含め、24の各国の大使館があり、開城に連絡事務所をつくることは大使館より低い段階」として、「連絡事務所が発展すれば代表部となり、正式な大使館になることを考えれば、連絡事務所の是非を論じることはあまりにも細かい問題だと思う」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。