Go to Contents Go to Navigation

日本との軍事情報協定を1年延長へ 「国防・外交の面で実益」=韓国 

記事一覧 2018.08.22 19:44

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の両政府が両国間で軍事情報を共有する軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が1年延長される見通しだ。

韓日の軍事情報包括保護協定が1年延長される見通しとなった=(聯合ニュースTV)

 韓国国防部の当局者は22日、「朝鮮半島の安全保障情勢を総合的に考慮し、GSOMIAを維持するという立場」とし、「韓日関係や国防・外交の側面で実益があり、北の非核化や平和定着の過程で韓日間の戦略的な意思疎通が必要と判断した」と説明した。

 両国は2016年11月23日にGSOMIAを締結した。1年間効力を有し、効力が切れる90日前に両国どちらかが協定を終了させる意思を通告しない場合、自動的に1年間延長される。昨年も自動延長された。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。