Go to Contents Go to Navigation

昨年の研究開発費 サムスン電子が世界3位

記事一覧 2018.08.23 06:01

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が昨年、研究開発(R&D)に投じた金額が世界の主な上場企業の中で3番目に多かったことが23日までに分かった。

サムスン電子(資料写真)=(聯合ニュース)

 国際会計事務所、アーンスト・アンド・ヤング(EY)が先ごろ発表した資料によると、昨年最も多くの額をR&Dに投じたのは米アマゾンで、前年比41%増の201億ユーロ(約2兆5698億円)だった。

 米グーグルの持ち株会社、アルファベットは148億ユーロで2位、3位のサムスン電子は131億ユーロだった。米インテルが116億ユーロで後に続いた。

 サムスン電子が先ごろ公開した資料によると、昨年16兆8056億ウォン(約1兆6572億円)をR&Dに投じ、今年は上半期だけで8兆7844億ウォンを投じた。

 IT関連企業が上位を占めた中、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)が約116億ユーロで5位に入った。

 売上高に占めるR&D支出の割合が最も高かったのはスイスで、2位が米国、3位がスウェーデンだった。韓国は台湾、日本、中国よりも低い10位だった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。